So-net無料ブログ作成

開幕を迎えて――出演者たちの声 [開幕後のレポート]

ついに『春のめざめ』日本公演が本日スタートしました。
初日独特の緊張感に包まれた1日でしたが、カーテンコールのお客さまの喝采を聞いて、俳優スタッフ一同、とても感動しています。

初日公演の詳しいレポートはオフィシャルウェブサイトで後日ご紹介しますが、今日はまず、初日を迎えた出演者たちの第一声を、この製作日誌でご紹介したいと思います。

090502sablg02.jpg

稽古が始まった時は大雪が降って、その時みんなで円になって本読み稽古をして…。でもそれが1週間前のことのようです。
でも実際はそれから2ヶ月も経っているんですよね。本当にあっという間でした。
今日が第一歩です。これからもっとメルヒオールという役を磨いて、彼と一緒に生きて生きたいと思います。
(メルヒオール役・柿澤勇人)


始まったんだ、これからだっていう気持ちです。
そして支えてくださったたくさんの人への感謝の思いでいっぱいです。
今日スティーブン・セイターさんが「心があるベンドラだね」って言ってくださいました。すごく嬉しかったです。
その言葉を大事にして、これからの舞台を頑張っていきたいと思います。(ベンドラ役・林 香純)


本当に嬉しいです!この思いは言葉では説明できません。
お客さまがカーテンコールで立ち上がって拍手をしてくださったのを見て、お客さまの気持ちと僕たちの気持ちが一緒になったんだと感じ、鳥肌が立ちました!(モリッツ役・三雲 肇)


無事に初日を迎えることができました。
昨日の公開稽古の後、スティーブン・セイターさんからアドバイスをいただき、今日はそれを意識して本番に臨みました。
そして今日、セイターさんが「良かったよ」と言ってくれて、とても嬉しかった。
イルゼは本当に難しい役ですが、今日、彼女にまた一歩近づけた気がします。
これから、もっともっと役を深めて彼女の人生を生きていこうと思います。(イルゼ役・金平真弥)


カーテンコールですごい歓声が聞こえて泣きそうになってしまいました。でも僕はハンシェンなのでここはグッとこらえました(笑)。でもこの心からの感謝の気持ちを伝えたいという思いで、挨拶をしていました。
もっともっと役を磨いて、素晴らしいハンシェンを見つけていきたいと思います。
改めてこの作品に携わることができて、幸せです。(ハンシェン役・一和洋輔)



感無量です…。もう言葉になりません。ありがとうございました!(マルタ役・撫佐仁美)

始まる前は緊張しました。でもいざ始まってみると、楽しかったです。
稽古が始まった当初はどうなることかと思いましたが、みんなとここまで来ることができました。
でも今日はまだ初日。通過点です。もっともっと良くなるように頑張っていきたいと思います。(ゲオルグ役・白瀬英典)


この作品に関われて本当に勉強になることがたくさんありましたし、成長できました。
ここに描かれている内容は、自分や周りの友達が過去に経験したことでもありました。だからすごく共感したし、救われたって思います。
自分のように、似たような経験をしている人がこの作品を見て、大切なことを感じてくれればなって思います。(テーア役・有村弥希子)


今日初めてお客さまにご覧いただき、どんなリアクションがあるか。どきどきしていました。
エルンストはハンシェンという男の子に恋をしてしまいますが、お客さまはこの2人の関係を理解しようとしてくれている…。舞台上からそう感じ、本当に嬉しくなりました。
カーテンコールがすごく盛り上がって…。本当に感動しました!
これからも頑張ります!(エルンスト役・竹内一樹)


稽古に参加してから今日まで、本当にあっという間で。正直実感がないというのが今の素直な思いです。
2ヶ月間の稽古期間は自分の今までの短い人生と、アンナの人生との共通点を探ったり、時に闘わせたりという2人の共同作業だったような気がします。
1週間後も、そしてもしロングランしたら4ヵ月後も、お客さまに感動を届けられたらなって思います。(アンナ役・松田佑子)


2ヶ月稽古をしてきましたが、今日初日を迎えて、これからが本番ですね。
カンパニーはほとんどが同世代なので何でも言い合えるし、絆の強いチームです。
『春のめざめ』は本当にすごい作品です。ひとりでも多くの人に知ってもらいたいって思います。(オットー役・加藤 迪)


稽古が始まったばかりの頃は戸惑い、幼かった子どもたちですが、この2ヶ月で本当に成長しました。
スポンジみたいに吸収するので、PTAの私たちとしては驚きと嬉しさでいっぱいです。
それから大人の私も勉強になりました。
無事に初日が迎えられて良かったです。
多くのお客さまに、彼らの努力の成果をぜひご覧いただきたいです。(大人の女性・中野今日子)


脚本家のセイターさんが「世界を変えるために書いた」とおっしゃるまでの作品に参加できて、感激しています。このミュージカルを一人でも多くの人に観ていただきたい。
そのために、これからも精進して舞台に立たせていただきます。(大人の男性・志村 要)



本日、開幕!

劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>
コメント(7) 

コメント 7

せいこ

「春のめざめ」開幕おめでとうございます!製作日誌更新される度にドコまで進んだのだろう?とこちらもワクワクドキドキしながら楽しく読ませていただいておりました。初日のチケットは取れませんでしたが5月の終わりに観に行かせていただきます。劇団四季の新しい舞台とても楽しみにしています。これからも夢与える素晴らしい舞台を魅せて下さい!
by せいこ (2009-05-03 09:22) 

エイミ

ご成功[exclamation×2]おめでとうございます。私も早く劇場で皆さんのパワーを頂きたい[るんるん]楽しみにしてます。
by エイミ (2009-05-03 10:14) 

E

開幕おめでとうございます!!

これからですね^^

とても楽しみにしています*
by E (2009-05-03 11:36) 

べい(22歳)

 今日観てきました。
 終わってから、3時間以上にわたり、すご~~~~~~~~~~~く考えさせられました。自分は若者の部類で、作品の中に出てくるエピソード、傷ついても知りたい・経験したいという思い、Rockyに叫びたい気持ち…全てがリンクし共感しました。この若者の声を大人に知って欲しい!と思うと同時に、自分の甘えに気付きました。今のままでは駄目だ、もがいてでも前に進まなきゃ!と思い直しました。
 正直、自身の親子関係にギクシャクしたものがあります。親のご機嫌取りに疲れ、親の言葉に反発したい気持ちでいっぱいです。けれど、若者の悩みを認めて欲しいと願うだけでなく、自分からも大人に歩み寄る努力をします。

 今日、何かが変りはじめました。私は変わってみせます。カンパニーの皆さん、ありがとう!
by べい(22歳) (2009-05-04 02:12) 

Hiro

観ました。今までにない大きな衝撃で立ち上がれませんでした。私はまさに親の世代です、幸か不幸か子供には恵まれませんでした。
舞台から次々に突きつけられる残酷な現実の数々。大人たちのエゴイズム、自己保身、耐え難い暴力の数々。決して過去の時代のことではなく明らかに現代の問題です。そのたびに歌われる若者達の言葉の一言一言にただただ涙がこぼれてしまって・・・。何を持ってメルヒは『明日へ』の意欲を持ちえたのか、まだ理解できません。
わかるまで観るつもりです、何度でも。それが私の責任だと感じました。
『春のめざめ』、私にとっては「いにしえに置き忘れた刃」を突きつけられたようでした。
by Hiro (2009-05-06 01:18) 

れいこちゃん

5月6日に見に行きました。
ちょうど私は高校生なので、
共感出来ることもありました。

ささいなことで悩み、自分だけで抱え込んでいました。正直辛い日々でした。でも、隣の父や周りの大人の方が、休憩時間に自分の、思い出話をしているのを聞いて、皆同じ思いをしてきたんだなぁとなんだか考え深いものがありました。

同世代に見てもらいたいと思います!!

刺激を、感動ありがとうございました。
by れいこちゃん (2009-05-07 20:15) 

彩

5月6日に拝見しました。
懐かしいような、でも今の自分でもあるような、そんな舞台でした。
多くのことを考えさせられましたが、うまく言葉に出来ません。
数ある四季さんの演目の中で、最も好きな作品となりました。
また伺いたいと思います。
感動をありがとうございました。
by 彩 (2009-05-10 03:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。