So-net無料ブログ作成

製作日誌をご覧の皆さまへ。 [開幕後のレポート]

2009年9月5日。『春のめざめ』日本初演公演が、この日、幕を降ろしました。
4ヵ月間の公演を経て、無事に千秋楽を迎えることができましたことを、当製作日誌をご覧の皆様にご報告申し上げます。

 公式ウェブサイトの千秋楽レポートはコチラ↓
 パソコン版>>
 携帯版>>


製作日誌最後のレポートでは、千秋楽公演当日のミーティングの様子を少しご紹介させていただきます。
開演2時間前。劇場ロビーで最後のミーティングが行われていました。
いつもは元気なみんなが、この日はいつになく、静か。
「ありがとうございました」
と、順番に挨拶をしていく仲間たちの言葉を、黙って聞いています。

そんなみんなに、お父さん、お母さんのような存在だった田代隆秀と都築香弥子が明るく声をかけました。

「舞台に客席があるこの作品って、すごく独特じゃない?
出番以外は楽屋に戻らないで、ステージシートに座る。
あそこに座っていたとき、私はみんなの頑張っている姿を見て励まされた。
だからもし、今日、寂しくなったら周りを見て。
隣にも、目の前にも頑張ってる仲間がいる。
お客さんもみんな応援してくれてる。
ぐるって囲まれたこの舞台の形態は、そのことを意味してたんだね」

雪が降る中稽古が始まり、春に幕を開け、そしてこのひと夏を仲間やお客様と過ごしてきたチーム『春のめざめ』。
『春のめざめ』日本初演公演はこうして幕を閉じましたが、これからの彼らは、この8ヵ月間で出会った人たちやいただいた言葉の数々を胸に、それぞれがまた別の舞台へと飛躍してゆきます。
またどこかの舞台で、皆さまにお会いできることを楽しみにしながら・・・。

最後に、今日まで製作日誌をご愛読いただき、『春のめざめ』を応援してくださった皆さまへ。

090905sa_blg01.jpg

(『春のめざめ』カンパニー 一同)


コメント(20) 

コメント 20

きっちゃん

こちらこそ、ありがとうございました!です。
また皆さんがご活躍される舞台が見られるその日まで、楽しみにしております。
これからもお身体に気をつけて、頑張って下さい!
(このブログ、消えちゃうんですか?時々読みたいですー)
by きっちゃん (2009-09-07 19:23) 

ともりん

田代隆秀さんと都築香弥子さんが、俳優さんたちにかけた言葉を読んでとても感動しました。
いつも誰かに見守られながら舞台に立つ…舞台があって、ステージシートがあって、客席があった、『春のめざめ』公演中の自由劇場を思い浮かべたら、心が暖かくなりました。
舞台と客席に境界線はなく、皆が一つに繋がっていたのですね。

そして、集合写真と"心からありがとう"の文字を見た途端涙が溢れ出てきました。
全ての思いが込められているありがとうという一言は、チーム『春のめざめ』から私達への、最高のプレゼントです。
胸がいっぱいになってしまい、これ以上言葉になりません。
「こちらこそ本当に有り難うございました」。

最後に、製作日誌担当者様、お疲れ様でした。再演が決まったら、また是非再開して下さい。楽しみにしています。

by ともりん (2009-09-07 19:32) 

jasmine

最後の写真を見たら、涙が出てきました。。。
本当に本当に、感動をありがとう!
再演を心から待っています!
このブログも、削除しないで残して頂けると嬉しいです。



by jasmine (2009-09-07 21:24) 

teru

最終日はチケットが取れず金曜日に見に行きました
2度目でストーリーは分かっていましたが、
涙が止まりませんでした

写真見たらもう涙が止まりません

再演希望します♪
by teru (2009-09-07 21:40) 

なっちゃん

こちらこそ衝撃と感動の素晴らしい時間をありがとうございました♪

春のめざめを見終わった後は今までにない感じに包まれました。

また、23歳の私と同年代の役者さん方が活躍されていて、熱い思いや表現がすごく伝わってきました☆

また、再演されるのを楽しみにしています!!

by なっちゃん (2009-09-07 22:10) 

ともひろ

大好きな「春のめざめ」がとうとう終わってしまいました。
この4ヶ月間、時間を作っては自由劇場に通いました。素敵な作品と、カンパニーの皆さんの素晴らしいパフォーマンスを楽しむために・・・。

千秋楽も拝見しました。心からの感謝の気持ちを込めて、曲が終わるたびに、そしてカーテンコールで沢山の拍手を贈りました。カーテンコールでは、皆さんのやり遂げた後の笑顔や涙する姿を観て、こらえていた涙が溢れました。いつまでもその場にいて拍手をしていたかったです。

終わりは必ず来るものと分かっていても、皆さんに会えなくなるのは寂しいです。いろいろなキャストパターンで拝見しましたが、皆さん一人ひとりが本当に輝いていて素晴らしく、その個性も活かされていて、十分に楽しませていただきました。
言葉では表せないほどの、沢山の感動を頂きました。本当にありがとうございました。
28年間、劇団四季のステージを観てきましたが、ここまで惚れ込んで劇場に通った作品は初めてでした。それほど素晴らしかったです。

最後の写真、本当に素敵な写真ですね。他の方と同じように、思わず涙してしまいました。皆さんの笑顔、本当に素敵です。
これからも皆様のご活躍を心から応援しています。

「春のめざめ」大好きです。
キャストの皆さん、バンドの皆さん、そしてその裏で舞台を支えておられる沢山のスタッフの皆様。本当にありがとうございました!!

by ともひろ (2009-09-07 22:42) 

善子

ありがとう。
お疲れ様でした!
そして、これからも頑張って下さい!
私も皆さんの頑張っている話を読みながら明日も頑張ろう!
ってリセット出来ました。
春のめざめは、思春期に入る娘との関わり忘れていた昔の自分を見つめ直せるきっかけになり良かったです!
また娘と今度は、大阪で春のめざめ観たいです!
その頃は、娘も理解できる歳かな?
楽しみに待ってます!

by 善子 (2009-09-07 23:33) 

さあや

本当に本当にありがとう☆
チーム春のめざめに感謝の気持ちでいっぱいです。
最後の写真の笑顔にもう一度感動、感激しました。
再演を心待ちにしています。

ありがとうございました。
by さあや (2009-09-07 23:41) 

うめぼし

千秋楽の日からソワソワ、曲が頭から離れなかったのでブロク拝見し、何だかホッとしてます。製作担当者の方ありがとうございました。
そして、カンパニーの皆様感動をありがとうございました。初四季で、こんなにもすばらしい作品に出会え、こんなにもハマってしまった自分が驚きです。そして作品を通し今を見つめ直すきっかけにもなり、元気を与えてくださった皆様に心から感謝します。また皆さんに会いたいので四季見に行きます!
そしてできれば再演を!!
本当にありがとうございました!!!
by うめぼし (2009-09-07 23:44) 

あき

こちらこそ本当に有難うございます。ホールのスタッフさんもお疲れ様でした。きっと忘れられない演目になられたことでしょう。
忘れられないと言えば、こういう場面が有りました。幕間の時に通りかかった席の中学生ぐらいのお嬢さん、「えぇーっ!」っていうお顔をしてらしてお隣では若いお父様が頭を掻いて苦笑い!!
これです!!
この作品を四季でやる意味は!!
是非 近いうちの再演を望みます☆
by あき (2009-09-08 03:51) 

ミンメイ

こちらこそ…本当にありがとう!数ヶ月の病気療養の為、観に行く事が出来なかった私には、この製作日誌を読む事が唯一の楽しみでした。そして退院して舞台が観たい。私の目標でした。希望は叶い皆さんの最後の舞台も観劇する事が出来ました。あふれる涙と熱い感動は数日たっても覚めることはありません。本当に皆さんありがとう!またどこかで逢える事を楽しみにしています。
by ミンメイ (2009-09-08 06:51) 

koko

ときどき、制作日誌を拝見させていただいておりました。
舞台で繰り広げられるカンパニーの熱いパワーと、ブログをとおして垣間見る純真さに、心打たれました。
思えば、『春のめざめ』が開幕される前から、貴重な“時”を一緒に過ごせたことは初めてです。

皆様、ありがとうございました。
また会える日を、祈っております…☆

by koko (2009-09-08 09:06) 

ともりん

度々の投稿になりますが、私も公演中に見かけた光景をお話しさせてください。

メルヒオール達と同い年くらいの男の子が、一人で観劇している姿を何度か見かけました。その手にはいつも"観劇ノート"と記されたノートを持っていて、開演前や休憩時間に一生懸命何かを書き留めていました。その男の子に、『ライオンキング』を観たことがきっかけで劇団四季を目指したという、あるキャストの姿が重なりました。「『春のめざめ』を観たことがきっかけとなって、将来劇団四季を目指すようになったのかもしれないな・・・」と想像しながら、なんだかとても嬉しい気持ちになりました。


『春のめざめ』は、さまざまな人を対象にした"こころの劇場"だったのだと思います。
by ともりん (2009-09-08 12:57) 

hosi

今まで見た作品の中で
一番好きな作品になりました。
『春のめざめ』に出会えてよかった!!!
心からそう思います。
千秋楽は悲しいですが、
また感動をもらえる日を楽しみに待っています!!!!!
by hosi (2009-09-08 22:28) 

aisai

製作日誌、いつも楽しみに読んでいました。
観劇後も日誌を読み、『春のめざめ』の感動に浸っておりました。
ここまで感動が続き、エネルギーを頂いた芸術は初めてです。
カンパニーの皆様、スタッフの方々、本当にありがとうございました。
そして、心から、ありがとうございました。
by aisai (2009-09-09 12:52) 

もも

このミュージカルに出会えて本当に良かった。
自分を受け入れる第1歩を踏み出すきっかけをくれました。

ありがとう。


by もも (2009-09-10 14:22) 

sayaka

 わたしは今、服飾デザイン科のある高校に通っている、高校一年生です。
 この高校には、将来スポーツ用品のデザインをしたいと思い入学したのですが、「春のめざめ」を観て、将来について少し考えさせられました。
 わたしの夢は春のめざめによって塗り変えられ、わたしも一緒に舞台をつくりたい!と思うようになりました。
 わたしは歌も踊りも演技もピアノも、全く経験がありません。
 でも、このブログで衣裳制作の記事を読んで、この道もあるよねっ!と思いました。
 最近ようやく時間が作れたので、将来のことについて、じっくり考えたいと思います。
 わたしの人生は、このミュージカルで変わったんです!
 世の中に無駄なことなんてひとつもないんだ!って感じてます。

 わたしは本州の最北端の県に住んでいるので劇場に行く機会がなかなかありません。なので、是非ツアーでまわってきてほしいです!
by sayaka (2009-09-12 17:43) 

亜沙子

『春のめざめ』観てみたかったです(>_<)


できたら、再公演お願いします(・ω・)


スタッフ、キャストの皆さんお疲れ様でした(*^_^*)
by 亜沙子 (2009-09-15 00:18) 

あいぴろ

お疲れ様でした。
そしてこちらこそ心より感謝いたします。

春のめざめ、今までで一番夢中になれた作品です。

現在、5歳の娘にもいつか見てもらいたい作品になりました。
 
カンパニーの皆様、製作スタッフの皆様、春のめざめに携わったすべての皆様、本当にありがとうございました。




by あいぴろ (2009-09-18 10:46) 

ねむ

終わってしまってから、何だか心に穴があいたような感じです。素晴らしい音楽、照明、俳優の皆さんの熱演。あのキラキラ輝いていた舞台を思い出すたび胸が熱くなります。ステージシートでの自分も舞台の一部になったような不思議な感覚は忘れることができません。
寂しくなったら度々このブログを見にきています。最後の皆の写真を見て、また涙が溢れました。

本当にありがとうございました。
そして、ぜひぜひ再演を希望します。できれば関西で!
少しでもたくさんの方にこの作品を観ていただきたいと思います。


by ねむ (2009-09-21 14:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。