So-net無料ブログ作成

製作日誌をご覧の皆さまへ。 [開幕後のレポート]

2009年9月5日。『春のめざめ』日本初演公演が、この日、幕を降ろしました。
4ヵ月間の公演を経て、無事に千秋楽を迎えることができましたことを、当製作日誌をご覧の皆様にご報告申し上げます。

 公式ウェブサイトの千秋楽レポートはコチラ↓
 パソコン版>>
 携帯版>>


製作日誌最後のレポートでは、千秋楽公演当日のミーティングの様子を少しご紹介させていただきます。
開演2時間前。劇場ロビーで最後のミーティングが行われていました。
いつもは元気なみんなが、この日はいつになく、静か。
「ありがとうございました」
と、順番に挨拶をしていく仲間たちの言葉を、黙って聞いています。

そんなみんなに、お父さん、お母さんのような存在だった田代隆秀と都築香弥子が明るく声をかけました。

「舞台に客席があるこの作品って、すごく独特じゃない?
出番以外は楽屋に戻らないで、ステージシートに座る。
あそこに座っていたとき、私はみんなの頑張っている姿を見て励まされた。
だからもし、今日、寂しくなったら周りを見て。
隣にも、目の前にも頑張ってる仲間がいる。
お客さんもみんな応援してくれてる。
ぐるって囲まれたこの舞台の形態は、そのことを意味してたんだね」

雪が降る中稽古が始まり、春に幕を開け、そしてこのひと夏を仲間やお客様と過ごしてきたチーム『春のめざめ』。
『春のめざめ』日本初演公演はこうして幕を閉じましたが、これからの彼らは、この8ヵ月間で出会った人たちやいただいた言葉の数々を胸に、それぞれがまた別の舞台へと飛躍してゆきます。
またどこかの舞台で、皆さまにお会いできることを楽しみにしながら・・・。

最後に、今日まで製作日誌をご愛読いただき、『春のめざめ』を応援してくださった皆さまへ。

090905sa_blg01.jpg

(『春のめざめ』カンパニー 一同)


コメント(20) 

親愛なる 春のめざめ [出演者より]

『びっち・びっち・びっち・・・!!!』 
今日も開演前の楽屋廊下には気合の歓声が響き渡る。
誰が言い出したかは不明だが、いつの間にやら円陣を組むと・・・こんな風になってしまった。

090827sablg01.jpg

ちなみに本日のひと言担当は我が同期の玉井晴章君。
「ほ、本日も、、、お、お客様に・・・ぼ、ぼくたたちの。。。え、エネルギーを・・・とど、届けましょう」
いつも挙動不審なのはご愛嬌。彼のおかげでカンパニーの緊張も解け、開演に向けて熱が入ります。

さて、9月5日の千秋楽までもうカウントダウンが始まっています。
僕自身1回1回の公演を毎回勝負し、チャレンジしてきたから、あまり「あと○回演れば終わる」という考えは好きではないが・・・。ここまで来たら否応無しにも意識はしてしまいます。
今はこの猛暑の中、劇場に足を運んで下さるお客様に、更に熱い何かを届けようとカンパニー一同一丸となっていますが、まだ僕達が台本や楽譜を広げて輪になり稽古していた頃は大雪が降っていました。

思い返せば・・・うぅ・・・。
あまり思い出すと涙が止まらなくなってしまうので・・・今日は中でも思い出深い珍エピソードを紹介したいと思います。

2月10日。『春のめざめ』オーディション当日。
僕は。意識朦朧、ふらふらでした。
緊張のしすぎ??
いや。インフルエンザを患っていたのです。正直、あまり覚えていません。ただただ、無心に歌いました。

090827sablg02.jpg

1曲目:Left Behind―メルヒオールが、死んだ親友の父親の心を代弁して歌う曲。
2曲目:Don't do Sadness―極限状態になったその親友が、自殺をする直前に歌う曲。
そう。僕自身も、まさしくこの時極限状態を迎えていました。
だからある意味、この2つの課題曲はリアルに歌えたのでしょうか。
おかげで何とか今ではメルヒオールとして舞台に立たせて頂いています。

3月10日。製作発表会。
僕は急きょ、当日の朝(午前のコーラス稽古中)にこの発表会への出席が決まった。

090827sablg03.jpg

焦りました。だって、何の準備もしていなかったのですから!!
とにかく稽古を終え、皆と一緒に会場のホテルへ向かいます。行きの電車内では本番の段取りを叩き込み、イメージトレーニング。仲間とも確認をします。
何とか平静を取り戻しつつも、いざ会場に到着すると、あら!皆さん何やら綺麗でカッコイイ服に着替えているではありませんか!!
「やばい・・・!」
そう。僕はもちろん洋服の用意もしてこいなかったのです。困りました。泣きべそです。
しかし、ここからが『春のめざめ』カンパニー友の力の見せ所。
なんと泣きべそをかいている僕に次々と
「カッキーこれ着なよ。」
と声を掛けてくれるではありませんか。
なんて心優しいんだ。。。と感動しながら、皆にコーディネイトしてもらいました。

090827sablg04.jpg

右から2番目にいるピンクのセーターが僕。もちろんこのセーターは僕のものではなく、南ちゃん(南晶人)の。
そして靴⇒綾ちゃん(伊藤綾祐)の。
ジーンズ⇒厂ちゃん(厂原時也)の。
中のシャツ⇒一哉さん(上川一哉)のもの。
全て借りました!!!

こうして皆の力をお借りして、無事製作発表会を終えることが出来たのでした。
みんな、本当にありがとう。
今、気付いたんですけど・・・この時全部先輩から洋服を借りていたんですね。
嗚呼、とんだお騒がせな後輩でごめんなさい!!

・・・と、まぁこのような面白い(?)お話があったのです。
でももちろんこれはほんの一部。本当に沢山のことがありました。
辛いこと、悔しいこと、楽しいこと・・・。だけど、みんながいたから乗り越えられた。みんながいたから楽しかった。

いつも一緒で、いつも僕の事を励ましてくれたサンウン。

090827sablg05.jpg

カンパニーを盛り上げるムードメーカーの一樹。
唯一初日から一人で完走、我がカンパニーの柱である白瀬。
天然キャラ・・・玉ちゃん。

090827sablg07.jpg

常に気を利かせてくれる迪。
マイペースは乱さないイッチー。

090827sablg06.jpg

ありがとう。大好きです。

僕たちは9月5日の千秋楽を迎えると、一旦それぞれ違ったカンパニーに散らばります。
しばし、お別れ。。。ということですね。
しかし!僕たちの役者人生は終わらず、これからも更なるレベルアップを目指します。
今度は切磋琢磨できるライバルとして。
もちろん最高の仲間として。劇団生活を共にしていきます。

そしていつか!!!更に成長した熱々の春のめざめを皆様にお届けできるよう、頑張っていきます。

さあ、今日も間も無く開演です!!!!

いっくぞおお~~~~~~!!!!

090827sablg08.jpg


090827sablg09.jpg
柿澤勇人

千秋楽まで、あと日!

劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>
コメント(14) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。