So-net無料ブログ作成
『春のめざめ』プロジェクトチームより ブログトップ
前の10件 | -

ステージシートのススメ [『春のめざめ』プロジェクトチームより]

オフィシャルウェブサイトにて、『春のめざめ』ステージシート特集を掲載しました!
タイトルは、「『春のめざめ』ステージシートのススメ」。
あるひと組のカップルによる、体験レポートなのですが・・・?!

090627sablg01.jpg

このカップル役を扮したのが、メルヒール役の柿澤勇人とベンドラ役の林 香純。
そしてふたりを誘導してくれる劇場スタッフは、モリッツ役の厂原時也と、イルゼ役の金平真弥が務めています。

写真盛りだくさんでお送りしていますので、ぜひご覧ください。
『春のめざめ』ステージシートのススメ>>

掲載しきれなかった、おまけの写真↓
090627sablg02.jpg
090627sablg03.jpg

ステージシートは、あなたご自身が作品の一部になってしまうような特別席。
その魅力について“もっと知りたい”、というかたはコチラをご覧ください>>


(『春のめざめ』プロジェクトチーム/ウェブサイト担当・K)

劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>

コメント(0) 

高校生取材会 [『春のめざめ』プロジェクトチームより]

6月某日、高校生を対象とした『春のめざめ』取材会を行いました。この取材会に参加してくれたのは、新聞部や放送部に所属している11校25名の生徒さんたち。
柿澤勇人、林 香純、志村 要、中野今日子、そして演出助手を務めた宇垣あかねの5名が、『春のめざめ』を観終えた学生たちの質問に応じました。
“記者会見”というよりは和やかな“フリートーク”のようなかたちで行われたこの取材会。
記者の皆さんからからは作品の真意に迫るものから、普段の生活についてまでその内容は様々。
今日はその内容の一部を、ご紹介しましょう。

090620sablg01.jpg

――『春のめざめ』はアメリカではすごい評判のようでしたが、日本ではどんな印象ですか?(男性記者)
宇垣:この作品は日本に限らず、国によって反応が様々。ニューヨークでは、舞台も客席もみんなでその空気を楽しむといった感じ。ロンドンは、もう少し紳士と言いますか、じっくり見る感じ。
日本はさらにじっくり理解を深めてくださるというんでしょうか。ストーリーに集中してそれぞれのキャラクターがどういう気持ちでいるか、着目してくれている印象があります。


――ホームページで製作日誌を見ました。稽古を通して皆さんいろんな思いを感じましたが、初めてこの作品に触れた時はどう感じましたか?(女性記者)
柿澤:台本を受けとったその日、カフェで読みました。どんな話かな、って最初は気軽に読もうと思っていたんです。でも気がついたらもう、涙が止まらなくて。周りにいっぱいお客さんがいたんですが(笑)。
衝撃もありましたけど、純粋な愛にとにかく感動しましたね。


090620sablg02.jpg
左から:志村 要、宇垣あかね、柿澤勇人

――公演がない時など、空いている日はどんなことをして過ごしますか?(男性記者)
林:夜公演の日は、朝あざみ野の稽古場に行ってバレエなどのレッスンを受けてから劇場に向かいます。
休演日などのお休みの日は、午前はレッスン。午後は自分の好きなように過ごしてます。

柿澤:僕は車で温泉に出かけます。それがリラックス方法かな。
志村:私のリラックスは舞台の上。
柿澤:舞台上でリラックス?!
志村:いやいや、役を生きるって私にとってひとつのリラックスなんですよね。芝居が楽しいからかな。
あ、みんなあんまり関心なかった?
ただ稽古やレッスンでなかなか時間がないからね。その中でみんなリラックス方法を探してます。

中野:休みの日も稽古が入って、一日ゆっくりすることはなかなかないですもんね。

090620sablg03.jpg
左から、林 香純、中野今日子

――まだ観ていない、私たち高校生世代へメッセージを(男性記者)
柿澤:観終わった後に、心の中に何かを残してくれる作品です。
この前高校生だけの貸切公演があったんですが、盛り上がりがとにかくすごかった。みんなが楽しんでる、という空気で。

中野:あの時は本当にすごかったですよね。彼らたちもエネルギーをぶつけてきてくれた。
メルヒオールやベンドラと同年代だからこそ、一緒の気持ちになれるんでしょうね。
思春期真っただ中の人たちが観れば、人生の中で心に残る作品になると思います。

志村:対話をするって、大切なことだと思うんです。だから観に来て、友達やご両親と感想を話してもらいたいですね。

大きくうなずきながら、熱心にメモをとる学生記者の皆さん。果たしてどのような記事が出来上がるのでしょうか?
その答えは、後日この製作日誌でご紹介させていただきたいと思います。


劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>

コメント(0) 

携帯待ち受け画像がリニューアル! [『春のめざめ』プロジェクトチームより]

日誌をご覧の皆さま、こんにちは。
『春のめざめ』携帯サイトのフラッシュ待ち受けが新しくなりました!

これまではブロードウェイ公演の写真でお届けしていましたが、今回は劇団四季のキャストによる舞台写真でリニューアル。

時計機能付きで、携帯を開く度に写真が切り替わる仕組みになっています。
今回は特別に「男の子」バージョンと「女の子」バージョンの2種類をご用意★

090516sa01.jpg
イメージ画像:「男の子」バージョン(左)と「女の子」バージョン(右)

あなたはどちらをお使いになりますか?
両方ともダウンロードして気分によって変えてみるのも、もちろんOK!

本日から配信をスタートしていますので、皆さま、ぜひダウンロードしてお楽しみください。
ダウンロードはコチラからどうぞ>>(携帯のみ)

(『春のめざめ』プロジェクトチーム・ウェブサイト担当/T)


劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>

コメント(0) 

プログラム制作レポート [『春のめざめ』プロジェクトチームより]

プログラムを手に取って、最初にご覧になるのはどのページですか? キャスト、あらすじ、読み物、写真……それぞれだと思いますが、今回は私、編集担当からプログラムに関して少しご紹介させていただきます。

『春のめざめ』は若者たちを描いた作品です。そこで今回はプログラムも少し雰囲気を変えることにしました。紙質を雑誌のようなカジュアルなものにし、その分、価格も他の作品より低めに設定しています。気軽に手に取って、くるっと丸めて持ち帰る…そんなイメージです。

読み物は様々な分野で活躍されている方にお願いしました。特にエッセイでは教育現場、思春期の子を持つ親、若者、それぞれの目線から『春のめざめ』について書いていただきました。ご覧になった後、どのエッセイに共感されるか、あるいは別の考えを持たれるか、とても興味のあるところです。

また、今回のプログラムには、あざみ野での稽古写真を入れました。稽古場での撮影枚数は3回の稽古で約3,600枚。この中からセレクトした写真が並んでいます。俳優たちがいい表情をしているのはどれだろう、作品の雰囲気を伝えられるのはどれだろう…と写真を見続けました。しかし、プログラムで使用できるのはわずか30枚程度。いいなと思う写真をピックアップするのは楽しくもありますが、そこから更に絞り込むのはなかなか大変な作業です。実際、写真を入れるスペースが限られているため、全体のバランスをとるために使いたくても残念ながら使えない写真もありました。
(ちなみに開幕後しばらくすると、稽古写真は舞台写真に変更になりますので、稽古写真が入ったプログラムはお早めにお買い求めください!)

090429sablg02.jpg

プログラムの出来上がりはもうすぐです。

みなさんがプログラムをご覧になって、どのような感想を持たれるのか、ドキドキしながら初日を迎えることになりそうです。

(『春のめざめ』プロジェクトチーム・プログラム担当/K)

開幕まで、あと日!!

劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>
コメント(0) 

稽古場フォトギャラリー更新情報! [『春のめざめ』プロジェクトチームより]

皆さま、こんにちは。ウェブサイト担当よりお知らせです。

オフィシャルウェブサイト『春のめざめ』稽古場フォトギャラリーの写真を更新しました。
これまでは四季芸術センターでの稽古場の写真を紹介していましたが、今回は舞台稽古の写真を追加。
今日は「Mama」と「Bitch of Living」を掲載しました。
まだ稽古中ではありますが、一足先に『春のめざめ』の世界をお楽しみいただければと思います。

これからも撮りたての写真をどんどん追加していきます。ぜひ今後もこのフォトギャラリーにもご注目ください!

『春のめざめ』フォトギャラリーはコチラ>>

5月2日の開幕がもう目の前に迫り、劇場は今、集中力と緊張感に包まれています。
劇団が『春のめざめ』開幕に向けて、一丸となって取り組む様子を、これからもウェブサイトをご覧の皆さまにお届けしていきたいと思います。

開幕まで、あと日!

(『春のめざめ』プロジェクトチーム/ウェブサイト担当・T)

コメント(0) 

通し稽古を観て――『春のめざめ』感想コメント [『春のめざめ』プロジェクトチームより]

現在、自由劇場で舞台稽古に励んでいる俳優たち。
ちょうどその1週間前、あざみ野の稽古場では通し稽古が行われていました。
この新作ミュージカルをひと目観ようと、通し稽古に多数の俳優・スタッフたちが見学。
今日は稽古を観終えた彼らの感想一部をご紹介します。

090425sablg01.jpg

一言で言い表すならば、「青春」ロック・ミュージカルです!
そして、“生きていく”ことへの強いメッセージ性がある作品だと思います。
ストーリーの普遍性、演出の斬新さ、そして音楽の素晴らしさなど、すべてが一体となって、この舞台を唯一無二の素晴らしいものにしているのだと改めて感じました。
(入団4年目20代俳優・M)

すごくかっこよかった。全く新しいスタイルのミュージカルですね。また稽古を拝見して感じたのは、『ユタと不思議な仲間たち』や『夢から醒めた夢』で語られている「命を大切にしよう」というメッセージが、この作品にもしっかり流れているということです。メルヒオールの最後の決断に本当に共感し、勇気を与えられた気がします。いつかは出演できるようがんばります。
(入団1年目20代俳優・S)

観る前と後で、なんて印象が変わる作品なのだろうと思いました。
あのストーリー、あの音楽、あの雰囲気・・・。稽古を観る前にはまったく想像できなかった、作品の魅力が鮮烈に焼き付けられました。
そして、何よりもこの作品の“生きていく”ことへの力強いメッセージに深く感動し、自分の人生や大切な人たちの人生を思わずにはいられませんでした。
(30代女性 総務部スタッフ・Y)

高校生の息子がいるので、稽古を観ながら、どうしても子供に見せるべきかどうかを考えていました。今日実際に稽古を観て、これは観せるべきだと確信しました。ここには若者たちの「率直な思い」があります。家では話しにくいことも、この作品を通したら話せるようになると思いました。
(40代男性 技術部スタッフ・S)

最初はこれは自分たちの話ではない、若い世代の話だと思っていました。しかし稽古を観てまず思ったのは、これは「ラブストーリー」だということです。
メルヒオールとベンドラの切なく淡い悲しい恋。最後には自分の初恋の頃を思い出しました。
これは刺激的なだけのミュージカルではありません。感動的なミュージカルであると考え直しました。
(40代女性 経理部スタッフ (中学生の娘を持つ母親))

主役の3人がとにかくかわいい!みな抜擢された新人たちですが、こんなにチャーミングな人がいるとは思わなかったです。ぜひ、皆さんにお勧めしたくなりました。
(入社8年目30代女性 技術部スタッフ・S)

2月にロンドンのリリック・ハマースミス劇場でこの作品を観劇しました。
事前に話は聞いていたものの、実際に自分の目で観て、ストーリー・音楽・そして演出の圧倒的な凄さに本当に驚かされました。
それから約2ヶ月。今日、猛稽古を潜り抜けてきたキャストたちのエネルギーがビシビシと伝わってきました。
ブロードウェイやロンドンだけじゃない。劇団四季版『春のめざめ』は絶対最高の作品になる!
通し稽古を観て確信しました。
(入社5年目20代女性 制作部スタッフ・K)


開幕まで、あと日!


劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>
コメント(0) 

グッズ制作新着情報! [『春のめざめ』プロジェクトチームより]

皆さま、ご無沙汰しております。グッズ企画担当です!
前回のグッズレポートでは皆さまからたくさんのコメントをいただきまして、ありがとうございました!
遅くなってしまいましたが、この場を借りてお返事をさせていただきたいと思います。

私はやっぱり定番のTシャツとかが欲しいかなと思います♪
本番の舞台を見てみないとわからないんですが、作品の中で重要なキーワードになってるものにちなんだグッズが出ると、無性に欲しくなりますね!(by☆ゆう☆)

☆ゆう☆さん>
この作品を象徴するキーワードとして、「マイク」をあしらったグッズを準備中です。ご期待ください!

当たり前ですけど、グッズも同時進行で進めているんですねー!!
ますます、開幕が楽しみになってきました。
ベンドラのニーハイソックスかわいいので、売ってほしいです。 開幕まで頑張ってください。(byコロン)

コロンさん>
ベンドラのニーハイソックスかわいいですよね!
ちょうど今も流行しているようですし、ますます波に乗りそうな予感がします。

マイクの形の入れ物に入ったお菓子♪ なんていかがでしょう。(byぷりん大福)
ぷりん大福さん>
面白いアイデア、ありがとうございます。
マイク型のキャンディとか、昔ありましたよね。 検討させていただきたいと思います!

はじめまして☆いつも読ませて頂いています!
いろんなことを並行しながら進めて行くのは大変だと思いますが、頑張ってください☆
グッズ企画も既に進んでいるんですね!
ライオンキングや美女と野獣などいろんな作品のグッズを購入させて頂きましたが、意外と少ないメモ帳やレターセットがすごく欲しいです。是非ご検討ください☆
※バッグやTシャツなどもすごく重宝してます☆(bychip)

chipさん>
メモ帳は現段階では作っていませんが、お洒落なポストイットを準備中です♪
このグッズは『春のめざめ』プロジェクトチームや演出チームから大変好評をいただいています!
ぜひ、ご注目を!

090408sablg02.jpg
本の中身は・・・?

以前、四季から届いた春のめざめ封筒が、すごくカッコイーと思いましたんで、そのままドデカバッグにしたら持ち歩いて流行らせちゃう
あの色の配色がいい
黒×赤と逆配色なんかいいけど…

えいみさん>
黒×赤の逆配色。そのアイディア良いですね! 現在、試行錯誤中です。

開幕がとても楽しみで毎日制作日誌を拝見しております。
役者さんだけでなく沢山の方々が作品を作り上げる為に日々奮闘されているのだと知り驚きと感動の気持ちでいつも読んでいます。
グッツもとても楽しみです。欲しい物が有ったら…と書いて有りましたので私だったら一つ前の記事に載っていた虫の標本が鮮やかで綺麗なので Tシャツの柄になったら可愛いくて欲しいなあと思いました。
ちょっとマニアックですかね(笑)(byエミコ)

エミコさん>
標本ではありませんが、「舞台上に飾られる蝶」(小道具レポートで紹介しました!)をあしらったグッズを考えます!
これは劇団内からも要望が多いので、カッコイイものが作られると良いのですが。

モリッツとテーアのシルエットのグッズ、欲しいです!
BWでは缶バッヂセットだけ買いましたが(こちらでは作らないですか・・?)、日本だと沢山買ってしまいそうです。(byBOL)

BOLさん>
モリッツとテーアに良く気付かれました! ちょうどクリアファイルのサンプルが上がって来たところです。
ブロードウェイでご覧になったのですね。ぜひ、作品の感想など教えていただければ幸いです!

090408sablg01.jpg

初めまして!!いつもブログ更新楽しみに見ています。
ようやく6月の予定がたち、チケットを買いました。今から当日が楽しみです。もちろん、グッズも!!
女子グッズ、男子グッズとかあったら楽しいなぁと思いました^^。
他の作品では、文房具など仕事で使えるものをよく買います。
もったいなくて、未使用の物もありますが^^; 
これからも、春のめざめ情報、楽しみにしていますので、よろしくお願いします!!(bydaisy51a)

daisy51aさん>
ありがとうございます!
使っていただけるようなグッズをご用意できるよう、頑張ります♪

いつも、たくさんの品揃えで、買い物も、楽しませて頂いています。
今回も、どんなグッズが並ぶのか、楽しみです♪(bymimi)

mimiさん>
定番商品も『春のめざめ』の雰囲気たっぷりにカッコ良く出来上がってきていますよ。

写真を見るだけで、観劇がワクワクします(^O^)/
皆々様。体にお気をつけて、頑張って下さい。
私は、部活がスポーツなので、タオルはありがたいなぁと思いますっ★(byれいこ)

れいこさん>
タオルはぜひ欲しいアイテムです。
それもスポーツタオルか、ROCKにマフラータオルが良いかもしれません!

090408sablg03.jpg

改めて皆さんからのコメント、ありがとうございました。
皆さんのご意見を参考にさせていただき、開幕に向けてグッズ企画の準備も進めてまいります。

クリアファイルや付箋以外にもTシャツやアクセサリーなどの試作品も上がってきました。
これらをもとに、またこれから色々と詰めてまいりますので、これからも、ぜひ皆さんの声を聞かせてください。

どうぞ宜しくお願いいたします♪

開幕まであと11日!

(『春のめざめ』プロジェクトチーム・企画担当/R)


劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>

コメント(2) 

稽古場フォトギャラリー登場! [『春のめざめ』プロジェクトチームより]

オフィシャルウェブサイトに、稽古場フォトギャラリーを追加しました!

これまでこの製作日誌で緊張感溢れる稽古場の様子を紹介してまいりましたが、まだここで登場していない写真もたくさん掲載しています。
随時更新していきますので、皆さま、ちょくちょく遊びに来てください。

『春のめざめ』稽古場フォトギャラリーはコチラ>>

開幕まであと16日!


劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>
コメント(0) 

四季オフィシャルウェブサイトが・・・ [『春のめざめ』プロジェクトチームより]

刻々と迫る『春のめざめ』開幕。

劇団四季オフィシャルウェブサイトでは、今日から『春のめざめ』ジャックを展開中です!
トップページのデザインを一新し、舞台セットや照明、小道具を取り入れ、開幕に先駆けて『春のめざめ』の世界を再現しました。

そして先日この製作日誌でレポートしたミュージックビデオが、ついに完成!!
こちらも今日からウェブサイトにて好評オンエア中です。

今すぐ、劇団四季オフィシャルウェブサイトにアクセス!


オフィシャルウェブサイトはコチラ(PC)>>

ミュージックビデオはコチラ>>


開幕まであと18日!

劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>

コメント(2) 

ミュージックビデオ制作レポート(「ブチギレそう」篇) [『春のめざめ』プロジェクトチームより]

【29日 17:00】
「ママ」の収録が終わり、次は6人の男の子による「ブチギレそう(THE BITCH OF LIVING)」の撮影です。

「ママ」で使用された巨大マッチ箱型のセットは撤去され、それまでのまっ白な空間から一転、シンプルな黒い世界へと変わります。
広い稽古場の中央には6つのイスが床に固定されました。このイスは以前この製作日誌でも登場した、舞台用の小道具。
部屋中にスモークが焚かれ、イスを照らす照明がきれいなラインを描きます。
090406sablg01.jpg

髪をセットし、用意された学生服に身を包んだ出演俳優たちが現場にやってきました。
「よろしくお願いします!」

俳優たちは数日前からこのミュージックビデオのために、振り付けの稽古を重ねてきました。
そんな彼らの稽古の様子を英監督が視察。そこから今回のミュージックビデオの構想へと繋げられています。

「皆さんは練習してきたものをそのまま演っていただければOKです。
それをカメラが追っていきます。では最初はリハーサルからまいります!」
090406sablg02.jpg

冒頭、背筋を伸ばし姿勢正しく座っている6人の男子生徒。設定は舞台と同じ、学校の教室です。
高圧的な教師や親に抑圧されている日常から抜け出したいという思いが、やがて現実から空想の世界へと移ります。
怒りを爆発させるように頭を大きく振り、地面を叩き、イスから飛び降りるという激しいアクションが3分間丸々続きます。
090406sablg03.jpg
090406sablg04.jpg
090406sablg05.jpg
090406sablg06.jpg

「カット! カッコイイね!!」
モニター越しで見ていた英監督が大きな声を上げます。
感動しているのは監督だけではありません。
照明が入り、ひとつの視点だけでなく様々な角度から映像で捉えられた彼らの姿はまるで別人。
普段から彼らと接している四季スタッフたちからも、その新鮮な光景に何度も「カッコイイ!」と言葉が漏れます。

一曲通すだけで、髪は汗でぐっしょり。
カットがかかる度にメイクさんやスタイリストさんが汗を乾かします。
090406sablg07.jpg

【20:00】
すべての撮影が終了しました。
途中から肩で息をしながらも、最後まで集中力を切らすことなく様々な要求に応えてきた俳優たち。
東北新社の撮影チームたちも、そして四季スタッフたちも笑顔で彼らに拍手を送ります。

劇団四季が初めて挑んだミュージックビデオは、果たしてどのような映像に仕上がるのでしょうか・・・?
完成は今月中旬の予定。オフィシャルウェブサイトほか、劇団四季専用劇場にも登場します。
どうぞご期待ください!

開幕まであと26日!


劇団四季『春のめざめ』作品紹介はコチラ!
 PCサイト>>
 携帯サイト>>


コメント(2) 
前の10件 | - 『春のめざめ』プロジェクトチームより ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。